「ほっ」と。キャンペーン

ロンドン五輪 観戦記 その③

【2012/07/29 PM5:30 女子柔道52kg級】

[結果 中村美里選手 初戦敗退]

中村選手の動きは悪くなかったように見えましたが、相手が強くて残念でした(>_<)
決勝で当たりたかったなぁ。

中村選手を倒した、北朝鮮のアン・グムエ選手は、技も巧く、多彩で、一本とれる正統派
しかも丁寧な礼、ひかえめな喜びの表現、負けた選手の背にそっと手をおく優しさなど
ステキすぎて、北朝鮮か……と思いつつも、好感持たずにいられませんでした。

女子52kg級は、キューバの若き天才ヤネト・ベルモイ選手と、公式戦にもほとんど出ない
という北朝鮮の実力者、アン・グムエ選手による、白熱の大一番でした。
両者の完璧な集中はすさまじく、抜き身の真剣を打ちあうようなやりあいに
これぞ決勝! といった緊張感で、本当にぞくぞくさせられました。


【2012/07/29 PM5:30 男子柔道66kg級】

[結果 海老沼匡選手 銅メダル]

海老沼選手は絵に描いたような柔道家でした。礼からはじまる所作はすべて美しく
話ぶりも硬派で、試合前には頬を叩いて気合をいれ、鋭い技の数々を繰りだすという……。
カチコチな方は苦手なはずなのに、なぜか好ましく感じる不思議(○ ̄ ~  ̄○;)

特筆すべきはやはり準々決勝でしょうか。ゴールデンスコアの有効がとり消されたり
納得いかない旗判定が出たり、かと思えばそれがくつがえったりと大波乱の幕ぎれ。
はじめに青旗があがったときは、場内騒然、そして大ブーイングでした。
しかし判定がひるがえったあとは、対戦相手にも同情せずにいられませんでした。
海老沼選手を応援していまし、正しい結果を迎えたとは思いますけれど……。これは残酷すぎる。

準決勝で負けてしまったのは残念ですが、3位決定戦で勝負を決めた大腰は
目の醒めるような鮮やかさでした。


【2012/07/30 PM11:30 女子重量挙げ52kg級】

[結果 八木かなえ選手 12位]

彼女の笑顔を見たくてチャンネルを、変えました。
全部の試技は見られなかったのですが、笑顔は見られて満足。
ああ、かわいい(●>w<)/ΣΣ

まだ上位と戦う力はないようですが、次回に期待したいです。


【2012/07/30 AM1:00 男子サッカー 予選リーグ 日本vsモロッコ】

[結果 日本 1:0 モロッコ 日本勝利]

スペイン戦よりは楽だろう、勝てるだろう、などと(わたしが)ナメてかかったら
大変な苦戦を強いられることに。油断大敵です……。

0点に収まったのは、かなりツイていたのではないでしょうか。思わず悲鳴をあげてしまう
シーンが続出でした。そして、決まらないシュートの数々(>_<)

そんな中でも、ようやく永井選手からゴールが生まれてよかったです。
なにより勝ててよかったぁぁヾ(@^▽^@)ノ

モロッコの選手はラマダン(断食)中だったのですね。
今回もおもしろい吉田選手のブログなのでした。次はコーナー決めてネ♪


【2012/07/30 AM4:10 競泳 男子100m平泳ぎ】

[結果 北島康介 5位]

予選の結果からきびしそうだと思いつつ、期待して起きていました。
ダイナミックな泳ぎは見られず、結果5位。残念ですがなんとか立てなおして
200Mをがんばってほしいです(>_<)

[PR]

ロンドン五輪 観戦記 その②

【2012/07/28 PM5:30 女子バレー 1次リーグ 第1試合 日本vsアルジェリア】

[結果 日本 3 : 1 アルジェリア 日本勝利]

柔道にちらちら浮気しながら見た試合。
楽勝ムードでしたので。また快勝でなにより。


【2012/07/28 PM5:30 女子柔道48kg級】

[結果 福見友子選手 5位]

金メダルとって泣く姿が見たかったな……。

1回戦は見逃しました。延長一本。観ていた方は、さぞかしひやひやしたのでしょう(笑)
2回戦は地元イギリスの選手と対戦し、大声援を相手にしましたが順当勝ち。
3回戦は集中していたのか、延長まで持ち越すも、危なげない試合運びに見えました。

準決勝。……可能ならここに巻きもどしてほしい(>_<)

なぜ負けてしまったのか、焦ったのか、硬かったのか、技術的なことなのか
その理由はわかりませんが、「技あり」をとり返そうと果敢に攻め、ブザーが
鳴ってしまった時には、わたしも日本で、嗚呼という声すら出ませんでした……。

3位決定戦。終始攻めていた延長、なんと銅メダルまで
つかみかけた手から、するりとこぼれてしまうとは(|||_|||)

なんと書けばよいのか。残念だった、としか言いようがありません(/_;)


【2012/07/28 PM5:30 男子柔道60kg級】

[結果 平岡拓晃選手 銀メダル]

準々決勝のラスト10秒で奪った「有効」ばんざい!

2回戦からの登場。あまりの危なっかしさに、手に汗握りました(笑)
3回戦は、素人目にも別人のような動きですこし心強い気持ち(・_・)b

準々決勝は、「有効」をひとつを先行され、怒濤の攻めを繰りかえす形に。
試合終了直前で技がかかった時には、思わずやったあぁ\(`∇\)と叫んでしまいました!
延長で旗判定のすえ勝利。あの「有効」がなければ、銀メダルもなかったなあ。
すばらしい逆転劇でした(゚-゚*)(。。*)ウンウン

準決勝は、思わぬ圧勝。
そして決勝。「技あり」取り消しからの「一本」は、ひどいよー(/_;)
負けたのは仕方ないけれど、負けるにしても勝つにしても
「もうすこし長く試合を見たかった」という解説者に同意です。

本人は金メダルがとれなくて悔しいと話していましたが、柔道選手の金へのこだわりは
ずいぶんと苛烈な気がしてなりません。お家芸のせいでしょうか?
それが過度な緊張につながっているのでなければよいのですが。


【2012/07/28 PM8:00 女子サッカー 予選リーグ 第2試合 日本VSスウェーデン】

[結果 日本 0 : 0 スウェーデン 引き分け]

こちらも、ちょいちょい柔道にきりかえながらの観戦でした。

強豪同士ぶつかりあうも、引き分け。結末は次回に持ちこしとなりました。
決勝トーナメントの前哨戦といった様相。('-'。)(。'-')。わくわく

澤選手と交代で入った田中選手の動きがよく、お見事な采配だったご様子です。
選手の交代後にチームの調子がよくなると、監督の輝かしい一手が決まったようで
観ているこちらまで、気持ちがよいですね(笑)

「隣はスウェーデンの放送局かと思いますが、スウェーデンのミスに対して
机を叩く音が聞こえてきます」


というアナウンサーの言葉に笑ってしまいました(笑)こういう実況大好き♪


【2012/07/28 PM11:30 女子重量挙げ48kg級】

[結果 三宅宏実選手 銀メダル]

静的な集中から動的な集中へ、体を叩いてもらったり、声をかけあい笑顔をみせたりして
緊張を高めていく様子がおもしろかったです。三宅選手の表情はやる気に充ち満ちていて
スナッチの試技を3本すべて決めたときには、その力強さにうっとり。

「試合へのはいり方が大事」とはこういうことなのだな、と思わされる展開でした。
1位は別格でしたが、終始3位以下をつきはなす2位を堅持して銀メダル。
見事なコンディションの調整力に感嘆しました。

表彰式は生中継してほしかった(/_;)



【2012/07/28 PM11:30 男子体操 予選(VTR)】

[結果 予選3位通過]

VTRで観ました。
団体の結果としては最低限を押さえられたのでしょうが、個人種目別の予選としては……。
内村選手の鉄棒と鞍馬、見たかったです(/_;)

しかし最も大切なのは個人総合でしょうから、気をとりなおして頑張ってほしい!

鉄棒で落ちた原因は何かと問われて、考えながらも「原因はあんまりわかんないっすね」
と、苦笑しながら、正直に答える内村選手がわりと好きです(●´艸`)


【2012/07/29 AM3:30 競泳 男子400m個人メドレー】

[結果 萩野公介選手 銅メダル]

予選もLIVEで見ました。
自己新を出したその泳ぎが、とても活き活きとしていたので、眠い目をこすりながらも
決勝まで起きていることにしたのでした。

自由形が苦手な2位選手を追いかけながら、4位のM・フェルプス選手に追いかけられるという
息のつまるようなラスト50メートル。2位とはなかなか差がつまらないし
フェルプス選手は今にも追い抜いてきそうだし、見ていて本当に力がはいりました(>_<)

自己新を出して、日本新を出して、メダルをとる。
最高ですね*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

[PR]

ロンドン五輪 観戦記 その①

【2012/07/26 AM1:00 女子サッカー 予選リーグ 第1試合 日本VSカナダ】

[結果 日本 2 : 1 カナダ 日本勝利]

実は、なでしこの試合をフルで観たのは、今日はじめてでした。
オリンピックの初戦ということもあり、楽しみ半分、不安半分……。

前半終了時点では「強いなぁなでしこ。2-0は危険な点差というけれど
2点あれば大丈夫なんじゃないか」なんて悠長にかまえていたけれど
後半そうそう1点とられると「ひえぇ、はやくもう1点とってくれないかな
ああぁ、なんとか逃げきってほしい」と緊張が割り増し(>_<)

終わったあとは「うーん、やっぱりなでしこは強いな」。
素人なんてそんなもんもん(´・∀・` )

1点目を獲った、大野選手のヒールパスと、かわいい川澄選手選手
カッコイイとしか言いようのないシュートで、心は一気に華やかモード!

オリンピックきたわぁヽ(▽^〃ヽ)ヽ(〃^▽^〃)ノ(ノ〃^▽)ノ


【2012/07/26 PM22:45 男子サッカー 予選リーグ 第1試合 日本VSスペイン】

[結果 日本 1 : 0 スペイン 日本勝利]

よくも悪くも、永井選手の目立ちぷりがハンパない(;´▽`A``
はじめからとばしていたのか、後半バテ気味のご様子でしたが
チャンスとなるや、気力で走る姿にずいぶんわくわくさせられました。

徳永選手、吉田選手らOAのおかげか、守備が安定していて、びっくりするほど
ピンチが少なかったようでした。しかし、吉田選手のブログおもしろすぎます!

大津選手がゴールを決めた場面では、思わず手を打ち、ガッツポーズ。
選手を「かわいく」感じたら、おばちゃんになってしまった証拠かと思うけれど
交代後もはらはらと戦局を見つめたり、ロスタイムには手を組んで祈ったり
勝利が決まると涙したりするベンチの大津選手は、すみませんがちょっとかわいすぎる(笑)
しかし吉田選手が言うように、涙はかなりフライングですね(笑)

今のU-23には第8回豊田国際ユースサッカー大会決勝で見た選手が何人かいるはずなので
(宇佐見選手、扇原選手など)ちょっぴり感慨深いです。

次はさらなる得点に期待(゚ー゚*d)


【2012/07/27 AM5:00 開会式】

イギリスの田園風景から、産業革命、ファンタジー、ダンスとインターネットなどをテーマに
「スラムドッグミリオネア」の映画監督が手がける美麗なショー。
色彩感覚がゆたかで楽しく見られました(*´∇`*)

でも若干、北京と似かよっていた印象が否めないのは、テーマのせいでしょうか。

参加各国に灯された火が、ゆっくりと集まり、ひとつの聖火台を構成するシーンは
オリンピックの熱さそのものをあらわしているようで、ステキな発想でした。
なにより聖火台の美しさときたら!
金の花びらからこぼれる火の、とろけるような輝きよ!

[PR]

ロンドン五輪 観戦記 はじめに

はじめまして。ご覧いただきありがとうございます。
待ちに待ったロンドン五輪を最大限楽しむため、観戦した競技の感想を書きます。
他の記事とはやや違う書きかたをしますので、ご了承ください。

1. 結果を書きます
2. 選手のブログへリンクを貼ります 
3. ひとつの記事に複数の感想を書きます
4. 顔文字を使用します

ネタバレしない方針の当ブログですが、スポーツに関して結果バレをしています。
結果バレを避けたいかたはご注意ください。
選手の様子を知るのはとても楽しいことですので、極力選手のブログへリンクを貼ります。
個々の記事を重くしないため、ひとつの記事に複数の感想を書きます。

最後に。
ロンドン五輪と書いてロンドンオリンピックと読みます!


当ブログの基本方針についてはこちらをご覧ください。

[PR]

ボトルネック 米澤穂信 新潮文庫 ★★

本屋に平積みされていて、なんとなく買ったのだが
びっくりするほどつまらなくて、途中、何度もやめようかと思った。
読了できたただ一つの要因は、「読みやすかった」からだ。

しかし、ラストシーンは衝撃的である。
すべての内容は、ラストシーンのためだけに書かれている。
このラストシーンを読むためだけに買うのはありかもしれない。
なにしろ読みやすいので……。

この終わりかたは、賛否両論あると思うけれど、わたしは好きだ。
以前とある本で「愛される価値のない人間なんていない」というセリフを読んだとき
「でも愛されない人間はいる。人間は、まったく愛されず死んだってなんの不思議もない」
と思ったけれど、この本のテーマは「愛」ではなく「ボトルネック」だが
同じようにおきかえられると思う。

このラストは救いがない。
けれど救いがない方が救いになる、と思うのはわたしだけだろうか?

正直に言うと、この本は終わりの一文しか面白くなかった。
けれどそのせいで、読んでから2年たった今でもはっきり覚えているのだから
本のありようとしては見事なのかもしれない……。

[PR]

# by p___q | 2012-07-26 16:33 |