第49回豊田おいでんまつり花火大会

思い出し録。

2度目の豊田おいでん祭り花火大会。
前回は協賛席で。今回は土手の向こう側から。

しかし、花火は書くことがあまりないような気がする。
小学生の夏休みの日記に「花火大会へ行った」などと書かせるのは酷ではないか?

綺麗だったし、メロディー花火はテンション上がる。
曲の選択に、花火師?さんの個性があっておもしろい。

a0012059_02322649.jpg
a0012059_02301711.jpg
a0012059_02313691.jpg







a0012059_02323942.jpg
花火が終わったあとの、もうもうとたちこめる煙と、動きはじめる人々。
個人的に、花火と同じくらい綺麗だったこの煙。


[PR]

マジックバー

思い出し録。


かねてから行きたかったマジックバーへ行く。
愛知県はほどほどに都会で、何でもあるところが好き。

どうしてマジックバーへ行きたかったか忘れたけれど、難度が低いだけに、いつまでも「行きたいところリスト」から削除されず、しぶとく生き残りつづけた年季ものの目的地だ。

お店は雑居ビルの3階にあり、こじんまりとした、流行っていないホストクラブみたいな感じがした。ホストクラブ行ったことないけど。

平日ということもあり、客はわたしと友人のみだ。つまりマジシャンは、「テレビやショーに出て華やかに活躍する日」「店が大入りで忙しい日」「店が閑散としている日」を、順繰りに送っているのかなと思った。

ドリンクを注文してしばらく待つと、お兄さんがやってきてご挨拶。と、ともに名刺を渡された。名刺を渡されるとは――と、ちょっとびっくり(笑)

お兄さんが言うには、この店のマジックにはタネがないのだという。テクニックで不思議を演出しているのだ。口ぶりから察するに、それはこの店(あるいは彼、彼ら)にとって、非常に誇らしいことのようだ。

個人的には技術も発想も同じくらい尊い気がするけれど、プロがプロレベルを欺くために高度なトリックを使うならともかく、安っぽいタネで素人を手玉にとるのは安直にすぎるということなのかもしれない。なにしろテクニックだけで翻弄し放題なわけだし。

この日はもうひとりお兄さんが来て、2名の方がテーブルマジックを見せてくれた。最初のお兄さんがトランプ、あとのお兄さんがコインだ。お話もしてくれたので、なぜマジシャンになったか聞いてみた。高校生の時にふとしたきっかけで手品が好きになり、大学を中退してアメリカへ行って――という話だった(ように思う。うろ覚え)。人生て不思議だなぁ。

コインのお兄さんは時々ミスもしていたけれど、感じが良くて、楽しく見れた。記憶力も披露してくれた(ように思う。わたしの記憶があやしい)。

マンガ知識でいくつかのテクニックは知っていたので、「今何をしているか」が分かる部分もあった。でもほとんどは、「えっ、なんで?」の連続だった。本当にわけのわからない現象は、じっくり見ても、ゆっくりやってもらっても、わけがわからない。わかったのは、指の動きが大変セクシーだということくらいだ。

最後に、3枚のコインを手に握らされた。
コインのお兄さんが「ぎゅっと握ってください」と言う。

こ、これはまさか、テレビで時々見るあれか――?!
自分の手の中でコインが増えるのか?!

どっきどきしながら、ぎゅっと握ったりせず、3枚だよな~3枚だよな~と手のひらの感覚を確かめて、お兄さんの合図で開くと

4枚だった。

たぶん、ここ10年で1番くらいに驚いたと思う(笑)

「ありがとうございましたー」とお兄さんがにこやかに去って、お会計して、エレベーターに乗っても、まだ「えー?!」と「ええええ?」を連発していた。人間、驚きすぎると「ええええ」しか言うことがないらしい。


あとから考えると、握った時から4枚だったのだ。
当然そうなのだ。
それしかないのだ。

だけど、あの日あの瞬間は完全に「3枚だったコインが、わたしの手の中で4枚に増えていた」!

こんな幸せってなかなかない。

[PR]

ロンドン五輪 観戦記 その④

【2012/07/30 PM5:30 女子柔道55kg級】

[結果 松本薫選手 金メダル]

蛇のような? 鷲のような?
うーん、なにか違う。
と思案してましたら、新聞によい例えが載っていたので拝借します。

狼のような眼光の松本選手でした。
首をつきだし、猫背で襲いかかる姿は、まるで野生動物のよう。

また、場外へ逃げる選手を引きずりこむなど、「闘志」がクローズアップされましたが
わたしはむしろ、コーチの声がかかるたび、ふりかえり、強くうなずく姿が好きでした。
彼女があの熱い視線で、指示のひとつひとつに承諾を示すとき
期待で、いやがおうにもわくわくしてしまったのです(>_<)

ロンドン五輪では金メダルの獲得に苦戦していますが、その第一号でしたー♪

最後は反則勝ちだったので、素人的には喜ぶタイミングを失してしまいましたが(笑)


【2012/07/30 PM5:30 男子柔道73kg級】

[結果 中矢力選手 銀メダル]

寝技師。
ということで、他の試合とは違った趣がありおもしろかったです(笑)

応援も自然、「そこだ! チャンスだ! 投げろ~!0(≧∇≦)0」ではなく
「崩れた! チャンスだ! 持ちこめ~!(寝技へ)」的なものに(笑)

しかし勝ちあがるにつれ、寝技につきあってもらえなくなり苦戦。
決勝では逆に、寝技で遅れをとり、破れてしまいました。
とても残念ですし、本人もその点を悔しがっていらっしゃいましたが
最後まで寝技で逆転勝ちの可能性を、信じさせてくれました。

リオでもこんな個性的な試合が見られたらいいなぁ。


【2012/07/31 AM0:30 男子体操 決勝】

[結果 団体 銀メダル]

直後のインタビューで、内村選手は「(電光掲示板を見たとき)言葉が出なかった」と
コメントしましたが、5位という結果が表示されたとき、見ているわたしも
本当に言葉を失ってしまいました。

体操の採点などわからないド素人があてにするのは、解説やアナウンサーの言葉であり
結果が出るまでのあいだ、アナウンサーからは(1位は残念ながら絶望的だが)
5位は信じられないと言っているのを聞いて、結果が覆るのを心から祈っていました。

しかし、表彰台せますぎ(笑)


------------
他、水泳やバレーの感想を書きかけていたのですが、時間がたち過ぎてまとめられないので
ロンドン五輪の感想は以上とします。

余談ですが、ソチの浅田真央の演技には衝撃を受けました。
「苦労が報われて良かったねぇ」とか「すばらしい演技をありがとう」とか
そういう言葉で表現されるものとは違う感動でした。
浅田真央という存在のドラマチックさに、涙したのかもしれません。
彼女は、最高のヒロインです。
フェデラーと浅田真央は、(わたしには)あまりに完璧すぎる存在です。
今でもラフマニノフのピアノ協奏曲2番を聞くと、浅田真央を連想します。

[PR]

ロンドン五輪 観戦記 その③

【2012/07/29 PM5:30 女子柔道52kg級】

[結果 中村美里選手 初戦敗退]

中村選手の動きは悪くなかったように見えましたが、相手が強くて残念でした(>_<)
決勝で当たりたかったなぁ。

中村選手を倒した、北朝鮮のアン・グムエ選手は、技も巧く、多彩で、一本とれる正統派
しかも丁寧な礼、ひかえめな喜びの表現、負けた選手の背にそっと手をおく優しさなど
ステキすぎて、北朝鮮か……と思いつつも、好感持たずにいられませんでした。

女子52kg級は、キューバの若き天才ヤネト・ベルモイ選手と、公式戦にもほとんど出ない
という北朝鮮の実力者、アン・グムエ選手による、白熱の大一番でした。
両者の完璧な集中はすさまじく、抜き身の真剣を打ちあうようなやりあいに
これぞ決勝! といった緊張感で、本当にぞくぞくさせられました。


【2012/07/29 PM5:30 男子柔道66kg級】

[結果 海老沼匡選手 銅メダル]

海老沼選手は絵に描いたような柔道家でした。礼からはじまる所作はすべて美しく
話ぶりも硬派で、試合前には頬を叩いて気合をいれ、鋭い技の数々を繰りだすという……。
カチコチな方は苦手なはずなのに、なぜか好ましく感じる不思議(○ ̄ ~  ̄○;)

特筆すべきはやはり準々決勝でしょうか。ゴールデンスコアの有効がとり消されたり
納得いかない旗判定が出たり、かと思えばそれがくつがえったりと大波乱の幕ぎれ。
はじめに青旗があがったときは、場内騒然、そして大ブーイングでした。
しかし判定がひるがえったあとは、対戦相手にも同情せずにいられませんでした。
海老沼選手を応援していまし、正しい結果を迎えたとは思いますけれど……。これは残酷すぎる。

準決勝で負けてしまったのは残念ですが、3位決定戦で勝負を決めた大腰は
目の醒めるような鮮やかさでした。


【2012/07/30 PM11:30 女子重量挙げ52kg級】

[結果 八木かなえ選手 12位]

彼女の笑顔を見たくてチャンネルを、変えました。
全部の試技は見られなかったのですが、笑顔は見られて満足。
ああ、かわいい(●>w<)/ΣΣ

まだ上位と戦う力はないようですが、次回に期待したいです。


【2012/07/30 AM1:00 男子サッカー 予選リーグ 日本vsモロッコ】

[結果 日本 1:0 モロッコ 日本勝利]

スペイン戦よりは楽だろう、勝てるだろう、などと(わたしが)ナメてかかったら
大変な苦戦を強いられることに。油断大敵です……。

0点に収まったのは、かなりツイていたのではないでしょうか。思わず悲鳴をあげてしまう
シーンが続出でした。そして、決まらないシュートの数々(>_<)

そんな中でも、ようやく永井選手からゴールが生まれてよかったです。
なにより勝ててよかったぁぁヾ(@^▽^@)ノ

モロッコの選手はラマダン(断食)中だったのですね。
今回もおもしろい吉田選手のブログなのでした。次はコーナー決めてネ♪


【2012/07/30 AM4:10 競泳 男子100m平泳ぎ】

[結果 北島康介 5位]

予選の結果からきびしそうだと思いつつ、期待して起きていました。
ダイナミックな泳ぎは見られず、結果5位。残念ですがなんとか立てなおして
200Mをがんばってほしいです(>_<)

[PR]

ロンドン五輪 観戦記 その②

【2012/07/28 PM5:30 女子バレー 1次リーグ 第1試合 日本vsアルジェリア】

[結果 日本 3 : 1 アルジェリア 日本勝利]

柔道にちらちら浮気しながら見た試合。
楽勝ムードでしたので。また快勝でなにより。


【2012/07/28 PM5:30 女子柔道48kg級】

[結果 福見友子選手 5位]

金メダルとって泣く姿が見たかったな……。

1回戦は見逃しました。延長一本。観ていた方は、さぞかしひやひやしたのでしょう(笑)
2回戦は地元イギリスの選手と対戦し、大声援を相手にしましたが順当勝ち。
3回戦は集中していたのか、延長まで持ち越すも、危なげない試合運びに見えました。

準決勝。……可能ならここに巻きもどしてほしい(>_<)

なぜ負けてしまったのか、焦ったのか、硬かったのか、技術的なことなのか
その理由はわかりませんが、「技あり」をとり返そうと果敢に攻め、ブザーが
鳴ってしまった時には、わたしも日本で、嗚呼という声すら出ませんでした……。

3位決定戦。終始攻めていた延長、なんと銅メダルまで
つかみかけた手から、するりとこぼれてしまうとは(|||_|||)

なんと書けばよいのか。残念だった、としか言いようがありません(/_;)


【2012/07/28 PM5:30 男子柔道60kg級】

[結果 平岡拓晃選手 銀メダル]

準々決勝のラスト10秒で奪った「有効」ばんざい!

2回戦からの登場。あまりの危なっかしさに、手に汗握りました(笑)
3回戦は、素人目にも別人のような動きですこし心強い気持ち(・_・)b

準々決勝は、「有効」をひとつを先行され、怒濤の攻めを繰りかえす形に。
試合終了直前で技がかかった時には、思わずやったあぁ\(`∇\)と叫んでしまいました!
延長で旗判定のすえ勝利。あの「有効」がなければ、銀メダルもなかったなあ。
すばらしい逆転劇でした(゚-゚*)(。。*)ウンウン

準決勝は、思わぬ圧勝。
そして決勝。「技あり」取り消しからの「一本」は、ひどいよー(/_;)
負けたのは仕方ないけれど、負けるにしても勝つにしても
「もうすこし長く試合を見たかった」という解説者に同意です。

本人は金メダルがとれなくて悔しいと話していましたが、柔道選手の金へのこだわりは
ずいぶんと苛烈な気がしてなりません。お家芸のせいでしょうか?
それが過度な緊張につながっているのでなければよいのですが。


【2012/07/28 PM8:00 女子サッカー 予選リーグ 第2試合 日本VSスウェーデン】

[結果 日本 0 : 0 スウェーデン 引き分け]

こちらも、ちょいちょい柔道にきりかえながらの観戦でした。

強豪同士ぶつかりあうも、引き分け。結末は次回に持ちこしとなりました。
決勝トーナメントの前哨戦といった様相。('-'。)(。'-')。わくわく

澤選手と交代で入った田中選手の動きがよく、お見事な采配だったご様子です。
選手の交代後にチームの調子がよくなると、監督の輝かしい一手が決まったようで
観ているこちらまで、気持ちがよいですね(笑)

「隣はスウェーデンの放送局かと思いますが、スウェーデンのミスに対して
机を叩く音が聞こえてきます」


というアナウンサーの言葉に笑ってしまいました(笑)こういう実況大好き♪


【2012/07/28 PM11:30 女子重量挙げ48kg級】

[結果 三宅宏実選手 銀メダル]

静的な集中から動的な集中へ、体を叩いてもらったり、声をかけあい笑顔をみせたりして
緊張を高めていく様子がおもしろかったです。三宅選手の表情はやる気に充ち満ちていて
スナッチの試技を3本すべて決めたときには、その力強さにうっとり。

「試合へのはいり方が大事」とはこういうことなのだな、と思わされる展開でした。
1位は別格でしたが、終始3位以下をつきはなす2位を堅持して銀メダル。
見事なコンディションの調整力に感嘆しました。

表彰式は生中継してほしかった(/_;)



【2012/07/28 PM11:30 男子体操 予選(VTR)】

[結果 予選3位通過]

VTRで観ました。
団体の結果としては最低限を押さえられたのでしょうが、個人種目別の予選としては……。
内村選手の鉄棒と鞍馬、見たかったです(/_;)

しかし最も大切なのは個人総合でしょうから、気をとりなおして頑張ってほしい!

鉄棒で落ちた原因は何かと問われて、考えながらも「原因はあんまりわかんないっすね」
と、苦笑しながら、正直に答える内村選手がわりと好きです(●´艸`)


【2012/07/29 AM3:30 競泳 男子400m個人メドレー】

[結果 萩野公介選手 銅メダル]

予選もLIVEで見ました。
自己新を出したその泳ぎが、とても活き活きとしていたので、眠い目をこすりながらも
決勝まで起きていることにしたのでした。

自由形が苦手な2位選手を追いかけながら、4位のM・フェルプス選手に追いかけられるという
息のつまるようなラスト50メートル。2位とはなかなか差がつまらないし
フェルプス選手は今にも追い抜いてきそうだし、見ていて本当に力がはいりました(>_<)

自己新を出して、日本新を出して、メダルをとる。
最高ですね*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

[PR]